第12回健康医療開発機構シンポジウム 報告

「血液はめぐるー循環器疾患の世界最先端医療ー」

2月15日、第12回シンポジウム『血液はめぐる ―循環器疾患の世界最先端戦略―』が東京大学医科学研究所大講堂で開催されました。
日本人のがんに次ぐ死因は、心疾患と脳血管疾患を合わせ、循環器系疾患によるものです。国民病とも言える身近な病気であり、その克服が長い間待たれてきました。近年は、最新のテクノロジーを用いたアプローチで、循環器系の病気に立ち向かう研究が進んでいます。
今回は、高血圧治療アプリを導入した臨床研究、ポスト京を使った心臓循環器系の計算シミュレーション、そしてiPS細胞を用いた重症心不全に対する心筋シーについて、開発過程が紹介されましたが、これまでのシンポジウムにおけるアンケートの結果をふまえ、より深化した内容のレクチャーをお届けできるようにトピックスを3点に絞り込みました。

 アンケートには、「高いレベルの医工連携がさらなるイノベーションを生み出すと期待が高まった」、「予測・予防、シミュレーション、から、最新治療までバランスのとれた構成だった」、「最先端の動きを知る機会として参考になった」、「澤先生の話を東京で聴けるのは貴重。また、このような場を設定してほしい」と評価するご意見がある一方、「印刷されたレジュメがあったらもっと理解できる」、「会場の温度が快適とは言えなかった」というご指摘もありました。
 

 

【講演1】「環境生体情報の時系列解析ビックデータから予見循環器医学へ」【映像資料はこちら

苅尾 七臣先生(自治医科大学)

 



 

 

【講演2】「心臓シミュレータUT-Heartの現在と未来心臓シミュレータUT-Heartの現在と未来」【講演資料はこちら

久田 俊明先生(株式会社UT-Heart研究所 代表取締役会長)

【講演3】「重症心不全のFuturability」

講演3】澤 芳樹先生(大阪大学大学院医学系研究科外科学講座心臓血管外科学 教授)

TEL:(03)5795-0096​​

FAX:(03)5795-0098

jimu@tr-networks.org

address:​

〒105-0004東京都港区新橋2-16-1

ニュー新橋ビル1110号